金属フレームのメガネ

金属フレームのメリット

金属フレームを使用するメリットは、メガネが長持ちしやすいことが大きいでしょう。メガネは決して安い代物ではないため、頻繁に買い換えているとそれなりの値段になってしまいます。その点、金属フレームは錆び…

See more »

金属フレームのデメリット

メガネは、ただ装着するだけで顔の印象が大きく変わります。そのため、イメージチェンジやおしゃれの為に愛用している人は多いのではないでしょうか。フレームには様々な素材がありますが、特に金属フレームは幅…

See more »

金属フレームが似合う顔のタイプは?

ホリが深いタイプの顔の人

21世紀に入ってから日本にて大流行しているセルフレームのメガネというものは、ホリの浅い顔をした人にとても似合うと言われています。なぜならば、フレームが思いっきり目立つため、ホリが深い雰囲気の顔に仕上げる事ができるからです。そんなセルフレームのメガネは、ホリの深い日本人や外国人に憧れている人に最適と言えます。一方、もともとホリが深いタイプの顔を持っている人であれば、メガネによってホリの深さを演出する必要性がまったくありません。では、どんなフレームが似合うかというと、いくつか候補はありますが金属フレームが最適と言われます。その中でも黒・グレー系ではなく肌の色に近い金属のフレームのメガネであれば、もともとのホリの深さ・鼻の高さなどが際立ちますので、ベストと言えるでしょう。

その他の顔のタイプについて

他にも金属フレームが似合うタイプの顔の人は多数存在します。例えば、切れ長い目をしていたり・やや吊り上がり気味の目をしている人であれば、金属フレームの中でも特に良いものがあります。それはラウンド型と呼ばれるタイプの金属フレームで、平たく言うと円形の形をしています。そしてフレームの形が丸い事により、顔の印象を和らげる効果があると昔から言われてきました。続いて、たれ目系の顔をした人が金属フレームのメガネを買うのであれば、長方形的なスクエア型を選択するとシャープな顔立ちに仕上がるのでよく似合うと言われます。その他、濃くてインパクトの強い顔をもった人で言うと、卵に近い形をしたオーバル型金属フレームにすると顔のインパクトを抑えられるのでとても似合います。

プラスチックフレームのメガネ

プラスチックフレームのメリット

プラスチックフレームはセルロイドやアセテートといった素材の名称から一般にセルフレームと呼ばれています。この素材の特徴として衝撃に強く丈夫なので日頃使用する際にうっかり扱いが粗くなった時でもフレーム…

See more »

プラスチックフレームのデメリット

お洒落の為に、メガネを日常的に欠けている人は多いです。一口にメガネといっても、メタルやプラスチック、べっ甲や樹脂など色々な種類の素材のフレームがありますよね。特にデザインがお洒落でカラーバリエーシ…

See more »

プラスチックフレームが似合う顔のタイプは?

プラスチックフレームの眼鏡はいろいろなカラーのバリエーションがあって、肌になじみやすい色を探しやすいという利点があります。他の素材のフレームよりも柔らかな印象を与えることができます。一口にプラスチ…

See more »

メガネは店で試着を繰り返すとピッタリ合うものが見つかりやすい

メガネとは、実店舗に足を運んでたくさん試着を繰り返すと、高い確率で自分に100%ピッタリ似合うものが見つかるものです。